金融機関の選び方 独立起業の際は信用金庫と取引すべき理由

 今回は、金融機関の選び方についてです。

 まず1つの結論として、個人が持つ金融機関の口座「ネット銀行」のみで良いと思います。

 ほどんど全ての取引がオンライン上で完結し、ほぼ全ての金融商品も購入できます。

 そして手数料関係も全て安いです。

 住宅ローン等のローンの金利も安く、かつ好きな時に好きなように返済もできます。

 しかしながら、ビジネスとなるとネット銀行のみという訳にはいきません。

 ではどの金融機関を選ぶべきなのか。

 それが、「信用金庫」です

 では、理由と共に紹介します。

1.信用金庫を選ぶ理由①創業時の融資

 まず、理由の1つ目が創業の際の融資についてです。

 「融資なんか利用しないよ。」という方、例え全て自己資金で対応できる場合でも、一部でも借入をすることをお勧めします。

 創業の融資は、政策金融公庫のイメージが強い方も多いと思います。

 私も自身の創業融資は公庫を利用しました。

 しかし、自分でやってみると分かるのですが、事業計画書など意外と難しく、かつフォローもあまりしてくれないのです(これは担当者によるのかもしれないですが)。

 

 では、信用金庫はどうなのかというと、

 少しの資料を持って、とりあえず店舗へ行けば話を聴いてくれます。

 そして、創業に必要な事業計画書のテンプレを準備してくれたり、簡単な作り方なども教えてくれます。

 事業計画をヒアリングし、ある程度大丈夫そうだなと思ったら、前向きに対応してくれると思います。

 あまりにも曖昧な事業計画であったり、楽観的すぎる事業計画だと、当然取り上げは難しくなるのですが、「こうした方がよい」などのアドバイスもしてくれます。

 他にも、「こういう見積書を準備して下さい」「賃貸借契約書のコピーを下さい」「許認可証を下さい」など、必要なものを全部教えてくれます。

 メガバンクはまずこのようなことをしません。また、地方銀行は銀行によりけりだと思います。

 信用金庫は、地域の活性化をするという使命があるので、一見高コストなこのような融資に真剣に向き合ってくれるのです。

 1回融資を受けておけば、次からの審査が早くなります。

 それは、銀行も保証協会もデータが残っているため、次の審査からは新たな決算書などがあれば、すぐに審査ができるからです。

 本人確認や、現地調査も済んでますし。

 いわゆる「実績作り」のためにも、最初の創業時に信用金庫で融資を受けることは大きなメリットがあります。

2.信用金庫を選ぶ理由②フルバンクとしての機能と対面取引

 次のメリットは、実際に事業を開始したあとのメリットについてです。

 まず、信用金庫は、メガバンクや地方銀行と変わらずに、ほぼ全ての金融機能を備えてます。

 預金・融資・為替などは当然ですし、小規模企業共済なども対応してくれます。

 そして、対面取引なので分からないことは教えてもらいながら進めていくことができます。

 創業の融資を受けて口座を作り、その口座があれば当分問題なく事業ができ、金融のことで分からないことがあれば窓口など対面で教えてくれる、という一連のメリットを享受することができます。

 

3.信用金庫を選ぶ理由③地元情報やマッチング情報

 信用金庫は、地域との結びつきが強い金融機関です。

 マッチングというのは、「仕事が欲しい」といったら紹介できる、という都合の良いものではありません。

 例えば、「税理士がいなくて困っている」、「リフォームをしたいが良い業者はいないか」、「ホームページを作りたいんですが…」、のような課題解決型のマッチングです。

 また、紹介元としても「信用金庫」なら信頼できます。

 創業し、事業を開始した直後、自身の仕事をアピールする上で、信用金庫のマッチングサービスなどに登録するのも良いかもしれませんね。

4.信用金庫を選ぶ理由④いざという時

 信用金庫は、創業の際に面倒を見てくれるのと同様、最後の最後まで付き合ってくれる金融機関でもあります。

 つまり業況がどんどん悪化してしまった場合です。

 大手の銀行は、すぐに手を引いてしまいます。

 最後まで残るのが信用金庫です。

 改善のために手を尽くしてくれたりなど、最後の最後まで面倒を見てくれます

 ただし、これはあくまで信用金庫がメイン取引銀行である場合です。

 数ある取引銀行の中の1つという立場であれば、そこまでしてくれません。

 逆に、信用金庫メインで、事業をどんどん拡大していった場合には、別のメリットも受けられます。

 それは、「確実に」というわけではありませんが、信用金庫も商売なので、優良取引先は手放したくありません。

 金利や、個人での不動産購入などに対し、地方銀行・メガバンクに近い条件で対応してくれる場合もあります。

 

5.まとめ

まとめ

  • 創業時に丁寧に対応してくれる
  • 金融機能は全て揃っており、対面取引で教えてくれる
  • 地元情報、マッチング情報を活用できる
  • 最後まで面倒見てくれる
  • メイン行として取引していれば、様々なメリットが受けられる可能性がある

 以上です。

 ビジネスを始める上で、信用金庫との取引をするメリットは非常に多いです。

 一方で、気を付けるべきこともあります。

 課題解決として色々な商品を提案してくることがありますが、中には不要なセールスもあると思います。

 これは、信用金庫だけでなく、メガバンク・地方銀行も同様です。

 そこは、冷静な目で判断しましょう。

 また、金利・手数料等が高い可能性があります。

 これは、メガバンク等と比べ資金力に劣っているので当然と言えば当然です。

 また、上でも述べてきたよう中~高リスクの融資も取り扱っているため、金利は高くなる傾向があります。

 ただ、ここで重要なポイントです。

重要なポイント

  • 「金利」は、小売店などで例えると、「商品の価格」です
  • 購買力の差から、同じ商品が大手では100円なのに、信金では150円、ということもあります
  • 一方で、「付加価値の高い」大手では手に入らない商品、というものも中にはあります
  • 融資については、付加価値も考えるようにしましょう
  • ただ、あえて高いものを買う必要はないと思います

 以上です。信用金庫は「融資」に付加価値をつけ、差別化を図る傾向があるので、表面金利だけで判断せず、提案された融資の付加価値も検討しましょう。

 なお、手数料についてはシビアに判断してよいと思います。

 ネットバンクで、わざわざ店舗に行かず、手数料も安く、結果同じことができるのであれば、ネットバンキングを使うべきです。

 それが競争です。

 

 また、3年もすると金融機関の人は全て変わってしまいます。

 担当者が変わり、対応が変わる可能性もあり、時には自分に合わないという場合もあると思います。

 逆もまたしかりです。少し我慢すればもの凄く良い担当者と巡り合えることもあります。

 以上です。信用金庫とは上手に付き合っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA