現在価値という考え方について

 今回は、「経済」と「財務」のお話しをさせていただきます。

 最近、簿記FPが人気の資格となっております。

 金融リテラシーという言葉も頻繁に聴くようにはなってきました。

 せっかく得た知識です。経済学も少し取り入れ、現実的に「現在価値」について考えてみましょう。

 得た知識はアウトプットしていかないとすぐに忘れてしまいます。

1.現在価値について

 現在価値とは、将来の価値を成長率で割引することで求められます。

 例えば、成長率を5%だとすると10年後の100万円の現在価値は

 100万円/(1+0.05)^10=613,913円です。

 20年後の100万円の現在価値は376,889円です。

 この前提条件について、「5%の成長率なんてあり得ない」と思いますか?

 日本に限ってはそうです。

 日本経済は、約30年間ほぼ横ばいです。

 つまり、30年前の100万円は現在も100万円です。

 少し古いデータです。実際はコロナで2020年はマイナス成長でしたが、2021年は世界で5.5%の成長を見込んでいるとのことです。

 将来価値は逆に複利で運用すれば出ます。

 つまり100万円を5%複利で運用すると、10年で約163万円になります。

 日本の預金金利はほぼゼロなので、10年後も100万円は100万円です。

 世界では5%とまではいかないまでも、4%程度での成長を維持してます。

 一方日本はほぼ成長してません。

 つまり世界の成長率に合わせた運用ができなければ、価値は思い切り下落します。

 その下落を示すものが、冒頭の現在価値です。

 世界が5%で成長していると仮定して、100万円を何もせず持っていたら、10年後には現在の61万円程度の価値になっている、ということです。

 これが預金をしていたら、安全どころか思い切り損をする理由です。

2.どうするべきか 運用編

 では、どうするべきか。

 運用です。

 世界の成長に合わせて、運用をしましょう。

 この理論の下で、S&P500で運用しましょう、インデックスで運用しましょう、と言われています。

 金融リテラシーが一般レベルであれば、この理論への理解はできると思います。

 昔は定期預金で預けていたら金利が5%も6%も付いた、というのは、日本の成長率がそれくらいだったからです。

 日本の成長率が横ばいでも世界は成長してます。

 日本は鎖国しているわけではないので、海外の物価に影響を受けます。

 給料は増えないけど、物価は少しずつ上がっているのは、これのせいですね。

 なぜ運用なのかというと、世界の成長率に合わせて日本が成長できず、給料も上がらないからです。

 今、日本はおいしいものが格安で食べられる国です。

 少しずつ世界との格差が縮まり、追い抜かれていき、そうなりました。

 少しでも資産を増やす(というより正確には維持する)ため、運用をしましょう。

3.どうするべきか 収入を増やす編

 これは、今の勤務先では給料が増えない前提で、収入を得る先を増やしておこうというものです。

 給料は増えません

 これから企業は70歳までの雇用が義務化されます。

 将来的にはもっと伸びるかもしれません。

 全員が全員、スキルを得て、生産性が上昇すればよいのですが、難しいでしょう。

 現在でも、何のスキルもないのに、60歳くらいでマウントを取ってくる人もいます。

 こういう人が残念ながら更に増えていくことで、若い人にスキルに応じた給与が行き渡ることが難しくなります。

 さらに、手取りは減り続けます。社会保険など恐ろしいことになります。

 手取りが今より減るので、運用に回せる分も少なくなってしまいます。

 収入を増やすためには、現在の世界の仕組みにマッチした給与制度のある会社へ転職をするか、副業をするかです。

 正直、副業禁止だからという理由で副業をしないのは高リスクです。

 そうはいっても大半の人はしないのでしょうが。

 これも現在価値で考えてみれば当然です。

 生涯収入をそのまま現在の価値で考えていると、非常に危険です。

4.どうするべきか 自己投資編

 最後は、自己投資です。

 私は、会社に入ったころ、よく「今の1万円は将来の10万円の価値がある」「今は借金してでもお金を使いまくることが最も効率的なお金の使い方だ」と言っていました。

 使い道はさておき、あながち間違った考えではありません。

 今の10万円は運用で増やすより、自己投資に使い、スキルを身に付ける方が、将来的なバックは大きくなるでしょう。

 早ければ早いほど、スキルへの投資は、回収額が大きくなります

 例えば、同じ資格を60歳と30歳が取ったら、稼げる額は全く違いますよね。

 持論ですが、40歳、50歳になっても、自己投資が最も回収率が高いと思います。

 スキルというのは、資格に限らず、稼ぐ力です。

 そのために必要なのは、「自分の時間」ですね。

 社内政治に一切の時間を使わず、自分の時間を持ち続けたことが、本当に今では助かってます(笑)。

5.まとめ

 現在価値という考え方です。

 退職金も例にとりましょうか。20年後の2,000万円の退職金は現在の900万円程度です。

 これが私が今退職金を受け取り、自己投資に回した理由です。

 簿記やFPを勉強している人が増えているのなら、さらに「経済学」も学び、現在価値という観点から、お金を増やしていくことを考えましょう。

 そのためには、運用をし、収入を得る先を増やし、どんどん自己投資をしましょう。

 最後にもう1度言っておきます。

 今の価値観で、1社で当たり前に生きていくライフプランは、非常に危険です。

 いつでも独立できるくらいのつもりで、スキルを身につけていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA